[ English | Japanese ]

GImageView::ダウンロード

1. tarアーカイブ

過去のバージョンも含め,以下のサイトから入手する事ができます.

0.1.3以前のバージョンは,以下のサイトから入手する事ができます.

2. CVS

GImageViewのソースコードはCVSで管理されています.

チェックアウト

以下のコマンドで, 最新の開発版をチェックアウトすることができます.

 $ cvs -z3 -d:pserver:anonymous@cvs.sf.net:/cvsroot/gtkmmviewer co gimageview 

一度チェックアウトした後は,ソースディレクトリで以下のコマンドを打つだけで, 最新版に追従することができます.

 $ cd gimageview
 $ cvs -z3 up -dP

autogen.sh

CVS版にはconfigureスクリプトが含まれていません.ソースディレクトリのトップで autogen.shを実行して,configureスクリプトを作成して下さい (autoconf, automake, libtoolが必要).

 $ cd gimageview
 $ ./autogen.sh

CVS Web

以下のサイトで,ソースコードをWEB上で閲覧する事もできます.